Ustream でPS4のプレイ映像を配信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XBOX360「アイドルマスター2」 カンタンレビュー

 XBOX360「アイドルマスター2」ですが、ようやく3週クリアしひと通り全てのキャラをプロデュースしてみました。前々からレビューを書こうと思っていたのですが、3月は年度末でもともと忙しかった上に地震の影響で普通の生活もままならない状態もあったので、今頃のタイミングに…。一ヶ月以上ブログを更新していませんでしたが、まあ無事ですよということで。

 それでは、XBOX360「アイドルマスター2」のレビューを、箇条書き形式でカンタンに感想を書いていきたいと思います!

●良かった点、前作からの改善点など

・楽曲の売上を伸ばすのが楽しい
 今作はファン人数の他に楽曲の売上を伸ばすのが主な目的になるのですが、これがなかなか楽しいですね。毎週ランキングで順位が発表され、うまくやれば売上が急激に伸びたりと、ライバルと競っている感があります。もちろんその中でファンも増やしていく必要があるので、より奥深いシステムになっています。

・過去のプロデュース曲も活用できる(リバイバル、ブレイク)
 前作では最新のプロデュース曲のみをステージで歌えましたが、今作では過去のプロデュース曲も選べる上に、タイミングや条件によっては売上を伸ばすこともできます。楽曲を変えることでオーディションやステージも単調になりにくいので、非常によい改善ですね。

・ライバルユニットの登場
 今作はメインのライバルユニットとして「竜宮小町」や「ジュピター」が登場します。より身近で明確な目標ができるためプロデュースにもチカラが入りますし、なによりライバルとのやり取りが楽しいですね。特に新キャラである「ジュピター」のメンバーも、いいキャラしてると思います。

・営業は思い出だけでなく、注目度アップや資金調達の役割もあ
 前作の営業は単に思い出レベルを増やすだけでしたが、本来の役割であろうギャラの獲得やエリアの注目度を上げる役割も果たすため、アイドルプロデュースとしてより意味のある「営業」システムになっています。ファン人数を増やすこともできるので、ファン獲得の方法が単にステージで歌うだけでなくなったのも、面白くなっているポイントです。

・とにかくステージが増えた
 単に色違い的なものもありますが、とにかくステージが増えました。数だけで言えば30以上!中には面白い演出があったりもするので、ステージ選びは飽きることはないでしょう。

・楽曲も増えた
 プロデュース可能楽曲という意味では、前作よりも増えました。半分以上は違う曲になっていて、前作で好きだったあんな曲やこんな曲がない…ということもありますが、それ以上に魅力的な新曲が増えたと思いますので、ここはグッドポイントとして挙げておきたいと思います。

・フェス・ライブ・オーディションで役割が違う
 今回はステージ演出を行う場合、他のユニットと対決するフェス、資金を使って開催するライブ、そして前作でもあったオーディションを経たTV出演の3種類があるのですが、それぞれが違う効果・役割を担っているので、単純にファンを増やすだけではなく、楽曲の売上にも大きな影響を与えます。したがって、よりプロデュースの戦略性がアップしたと言えるでしょう。

・ステージフォーユー!システムでステージを自由に演出
 いわゆる「ライブフォーユー!」の簡易版です。細かいパート分けや音ゲーはできませんが、好きなキャラと楽曲・衣装・ステージを選んで自由にステージ演出を楽しむことができます。なお、プロデュース不可のアイドルも使用可能です。

・新システム「お守り」が戦略を大きく左右する
 ステージ衣装の他に「お守り」と呼ばれるアイテムを選べるようになりました。見た目が変わることはありませんが、実に様々な効果があり、例えば得意な分野をより伸ばしたり、逆に補ったり、思い出アピールの能力を上げたり、大きく効果をアップさせる代わりに他の能力を犠牲にしたりと、これ一つで有利不利が大きく左右されるので、自分のユニットの育成状況などによって使い分ける楽しさがあります。

・ゲスト出演で5人ステージができる
 今作の目玉の一つである5人ステージが特定条件で可能です。やはり5人で歌い踊るステージはただただ圧巻!前作では体験できない、素晴らしいステージを堪能できます。

・サウンドがいい
 ステージなど全体的に音質が上がったと思いますが、イベント時の環境音が結構頑張ってます。実際にスタッフが録りに行ったそうで、5.1chドルビーデジタルサラウンド対応ということもあって、かなりリアルです。ぜひホームシアターやサラウンド対応ヘッドフォンで楽しんで欲しいですね。

●悪かった点、前作からなくなった点など

・前作プロデュースできたアイドルが一部プロデュース不可になった
 発売前からすでに判明していたことではありますが、ただただザンネンです。真美・響・貴音が増えたのはもちろん良いことなんですけどね。

・オーディションの合格発表の緊張感がなくなった
 前作のオーディション合格発表前のドキドキ感は残念ながらなくなりました。システム的にはオーディション中に結果がわかるようになりましたので。

・レッスンの種類が減った
 レッスンの種類が3種類に減り、それぞれボーカル・ダンス・ビジュアルに特化したものになりました。分かりやすくなったのは良かったのですが、個人的には前作くらいの種類は欲しかったかなあ…と思います。

・IA大賞目標がなんか中途半端
 本作の目標は「アイドルアカデミー(IA)大賞」という賞をとることが目的なのですが、個人的にはPSP版にようにライバルとの直接対決で頂上決戦するような流れが分かりやすくて展開的にもアツくてスッキリして良かったかな、という感じです。

・通知の場所を考えて欲しかった
 前作でもそうだったのですが、XBOX360本体側の通知がデフォルト位置(画面中央下)に表示されます。歌詞が隠れるだけならまだしも、ダンスレッスンなどではかなり致命的に大事な部分が隠れるので、やむを得ず通知を消して遊んでいます。XBOX360専用ソフトで出すのなら、なおさら気を使って欲しかったところです。

・リアクションが…?
 朝のあいさつは選択肢によってアイドルたちの反応が変わるのですが、なんとなく不自然に感じるのが少々アレでした。

・ランダム要素が減った
 前作の朝のあいさつやオーディション前のイベントではランダム要素があったため結果がどうなるか分からない面白さがあったのですが、今回はほぼ完全に自分の意志である意味アイドルの気分を操作できてしまうので、個人的にはちょっとつまらなくなったかなあ…と思います。
・ボリュームが減った?
 今回は3人プロデュース固定なので、前作のようにソロ・デュオによるプロデュースができなくなったのが、ボリューム減に感じる一つの要因かなと思ってます。ただ、ステージフォーユー!が追加されているので、一概にボリューム不足と言えない点もあります。

 結構イロイロ書きましたが、キャラ入れ替えを除けば前作よりもパワーアップしている部分が多いので、残念なところがあるにしても全体的には良かったと思います。もちろんこれからもプロデュースに励んでいきますよ。
スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

XBOX360「アイドルマスター2」購入!

 ついにXBOX360「アイドルマスター2」が発売されました!早速購入し、プレイをはじめています!まだ1時間ちょっとくらいしか遊んでいませんが、所感などを少し。

XBOX360「アイドルマスター2」
今回もソフト本体の他に、イロイロ付いてきました。
ソフマップ特典は、いつものオリジナルテレカです。
765プロ社員証はなかなか面白いアイテムですね。

 さて、今日はプロデュースを2週ほどと、ステージフォーユー!を楽しんでみました。その中で思ったことを書いていきましょう。

●サウンドが良い
 今回は一部ドルビーデジタル5.1chサラウンド対応ということもあってか、全体的にサウンドが良くなっている気がします。ステージシーンでは結構音に広がりのある感じで、イベントシーンでは環境音もかなりリアルです。ぜひサラウンドヘッドフォンなどの環境でプレイして欲しいですね。また、メニュー画面での選択音なども気持ちいいですw 一方、レッスンパートでのトレーニングルームでは一転してBGMがなくなり、シーンとした緊張感みたいなものが出ていると思います。

●響とお姫ちんが初HD化
 これは素直に喜べるポイントですね!綺麗なグラフィックで描かれるのはもちろん、新しいアクションにも注目です!

●プロデュースできるアイドルが9人だけ
 今更触れてもしょうがないと思いますが、やはりこの想いは避けて通れませんでした。パッケージイラストでは13人のアイドルが並んでいるのに、いざプレイをはじめてアイドル選択画面に行くと9人だけという、絵的にも寂しい感じに…。未だに全員プロデュースできないことが信じられません。ただ、竜宮小町が今後どのような形で絡んでくるのかは楽しみな部分でもあります。

●選べる楽曲が一新、悲喜こもごも
 良くも悪くも、楽曲が一新されました。ざっと見ると、従来の定番曲から新しい曲までまんべんなく用意されているように見えますが、個人的にすごく大事なあんな曲やこんな曲がない…なんてことが。こればかりは残念無念です。

●5人ステージは制限アリ
 前回からのパワーアップポイントとして、最大5人でのステージが楽しめることが挙げられますが、実は特定の条件をクリアしないと実現できません。まず選べる楽曲は、2で追加された新曲のみ。さらに5人で出演できるステージもかなり少ないようです。なので、「アイマス2を買ったら、やよいと亜美真美とはるるんと響ちゃんでGO MY WAY!!を歌わせるんだー!」とか思っても、残念ながらできません。

●変わったけど変わらない、765プロアイドル
 765プロのアイドルは歳を重ね見た目もガラリと変わりましたが、コミュニケーションパートなどで見せる彼女たちのふるまいは今までと変わらない感じで、安心しました。

 まだプレイして間もないので、これからゆっくり楽しんで行きたいと思います。上にも書いたように、前作から削られた要素もずいぶんあるので決して100点満点をあげられるゲームではありませんが、新しい要素に期待したいと思います。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

XBOX Friends
XboxLIVE IndieGames
Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

GAME MANIA

Author:GAME MANIA
XBOX360ファンです!ヨロシク!

ベヨネッタファンサイトコンテスト
ベヨネッタファンサイトコンテスト
注目コンテンツ
「侵略!?イカ娘」TVアニメ第2期決定!
ドラゴンボールゲームプロジェクトAGE2011
アニメ「アイドルマスター」
JAM Project
ぷちます!
BAYO LINK
iM@S Link
Special Link
Xbox360 Fan Site Program
このブログはMicrosoft公認のXbox360ファンサイトです
検索フォーム
旧ブログ
2010年6月12日以前の記事は旧ブログへ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。