Ustream でPS4のプレイ映像を配信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「真・三國無双6」発表会に行ってきました!

「真・三國無双6」発表会レポート ~ゲーム内容編~
ゲーム内容編  /  おみやげ編 
 
 本日開催された、「真・三國無双6」の発表会に行ってまいりました!詳しい会場の様子や詳細はファミ通さんとかのサイトで既に載っていますので、ここではいち「XBOX360ゲーマー」として、所感をまとめて行きたいと思います!(豪華ゲストでいろいろなステージがあったのですが、あくまでゲーム部分を中心に書いていきます)
 
「真・三國無双6」発表会

※発表会の詳細はファミ通さんとかにお任せということで…
●ファミ通.com
『真・三國無双6』発表会――『無双』好きのロンブーの淳や吉本芸人も登場
新勢力“晋”が登場――『真・三國無双6』キャラクター、システムが判明
●電撃オンライン
操作武将はシリーズ最多! 自由に武器を選べる『真・三國無双6』は来年3月発売
●ブログ
真・無双Blog : 『真・三國無双6』発表会レポート!

■3D立体視でのプロモーション映像を披露!
 今作はなんと3D対応になっているワケですが、会場で実際に3Dメガネが配られプロモーションムービーを堪能することができました!ステージの大画面で3D映像を観るのは初めてだったのですが、さすが3Dというだけあって、確かに立体的な表現が楽しめて、迫力がありました!武器の矛先がこちら側に来たときにちょっとビックリするような、そういった臨場感がありますね。ただ、まだ見慣れていないのと、私自身乱視や斜視があるので、うまく焦点を合わせられないような感覚があり、すぐに目が疲れそうです。慣れで解決できるのであればいいのですが。

■実機プレイでも3D映像で!
 今回は実機プレイも披露されたのですが、ゲーム中も当然3D対応!字幕やゲージが浮き上がって見えるのはなかなか面白いですね。もちろんキャラクターやステージも立体的ですよ。

■イベントから戦場へシームレスに移行!
 新要素の一つとして、イベントシーンから実際にプレイする戦場への移行がシームレスに行われるようになりました。シームレス演出自体は既に採用しているゲームが有るわけですが、イベントと戦闘の間のローディングによるブツ切りが無くなったので快適になるでしょうし、いつ戦闘に入るか分からない緊張感があるので、今まで以上にイベントシーンに没頭できるかもしれませんねw

■新勢力「晋」登場!
 実は三国志をよく知らないんですが(こんなこと言うと小野坂さんに怒られそうですがw)、新しい勢力が登場するんですね。これによって、イベントとキャラクター数、両方のボリュームアップが期待できるので、非常に楽しみな部分ですね。

■二つの武器で連携できる!新アクション「ヴァリアブル攻撃」!
 こちらも新しい要素で、今回はアクション中に二つの武器をリアルタイムに切り替えながら戦うことが可能になっています。またこの2つの武器も、戦闘中にメニューを呼び出すことで変えることができるようなので、アクション中に瞬時に切り替えられる武器が2種類、さらにゲーム中にメニュー画面から他の武器も選べる、ということのようです。さらには武器を切り替える際に特殊な攻撃を出せる「ヴァリアブル攻撃」というのも用意されていて、単純に戦闘中にできるアクションとしてはかなり多彩になっていると思います。これはなかなか面白そうな試み。
 ただこれを実現している背景には、「全てのキャラがどの武器でも装備できる」というシステムがあるため、キャラが違っても同じ武器であればアクションが同じ、という懸念があります。一応差別化として、キャラごとに得意武器が設定してあり、得意武器にはキャラ固有のアクションが用意されているようではありますが、キャラボリュームが増えている今作でどれだけアクションに対しての個性が出せているかが注目すべきポイントでしょう。

■パワーアップした無双乱舞!奥義は2種類、ゲージも2本に!
 個人的に一番興味をそそられたのが、無双乱舞のパワーアップ。一つは演出がアップしていて、発動するとアングルがドアップになり、キャラが構えセリフを喋ります。イメージとしては今までの真・無双乱舞のような感じですが、本当に細かい表情まで作りこんであって、ここは素直に「よく作った!」と言いたい!無双乱舞の使用頻度が高い自分にとっては、非常に嬉しい変更点です。
 変更点は見た目だけではありません。なんと今回はキャラごとに二種類の無双乱舞が用意してあり、夏侯惇の場合は地上で出せるものと空中で出せるものが用意されているのです!空中での無双乱舞というのは初めてなので、これでまた攻撃に幅が出るのではないでしょうか!
 さらには、お馴染みの無双ゲージも2本までストックが可能になりました!これと2種類の無双乱舞を使いこなすことで、アクションの幅が大きく広がると思われます!これは非常に期待が持てます!

■その他実機プレイを見て思ったこと
 ステージ中に出現するアイテムですが、少し高い位置に表示されるようになったのか、見やすくなっていたような気がします。
 プレイ中のアングルについては無双4くらいになっていて、少なくとも無双5のような引きすぎたアングルにはならないようです。
 フレームレートですが、敵のいないところでは60fps出ていたようですが、結構しょっちゅう処理落ちが出ていました。これは製品版が出てみないとまだ分からないので、なんとも言えないところかと。ただ、これはシロウト考えかもですが、3Dでプレイする場合は左右の目それぞれに違う画像を見せなければいけないため、当然処理を2倍にするか解像度を半分にするかしないといけないのではと思ってます。そのへんは上手くやるんでしょうが、結果として処理落ち等として出てきてしまわないか心配です。

■360ユーザとしての自分の思い
 今回は残念ながらPS3専用ということで、XBOX360版での発売はないようです。ここで360ユーザであるワタシとしては「PS3を買う」か「無双6を諦める」か選択を迫られるワケですが、現時点では「無双6を諦める」です。「諦める」という表現はちょっと良くないのですが、これまでの無双シリーズを見ていると必ず他のプラットフォームへの展開を行っているので、いかに3D対応と言っても、そのうち360でもリリースされる期待が十分に持てるからです。さすがに発売から1年くらい経っても動きが無ければ考えますが、PS3と同時購入というのは今のところ考えていません。
 
 さて、思いついたところをとりあえず挙げてみた感じですが、また思い出したことがあればこっそり書き足すかもしれません。

 あ、公式サイトがすでに公開されていますね。スクリーンショットも見れるようです。

テーマ : 真・三国無双シリーズ
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

No title

レポート乙です。
私は1,2とやって、三国無双3を発売日に買ってワクテカしながらプレイしたんだけど・・・ と言うことがあって以来、無双からは離れていたんですが、レポート読んでるとなんだか良さげでちょっと気になるなぁ と思ったらPS3専用ですか。
でも、たぶん出るでしょXBoxでも。
個人的に現代の3D映像技術はまったく支持していないので、むしろ非3Dの移植になったほうがありがたいくらいです。
もしそうなったら購入も検討してみます。

無双6自体は楽しみですが…

どうもコメントありがとうです!
無双3は確かにちょっとクセがありましたねー、コンセプトは
悪く無いと思うんですが…。

無双4は結構原点回帰的な感じなので、4に関しては
抵抗なく行けると思いますよ!

今回はPS3での発表でガッカリでしたが…XBOX360で
ホントに出して欲しいですw

3Dに関しては今後グラスレスや表現能力が上がってくれば
非常に可能性を秘めた技術だと思っているので、今はまだ
未熟かもしれませんが、これからが楽しみですね!
XBOX Friends
XboxLIVE IndieGames
Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

GAME MANIA

Author:GAME MANIA
XBOX360ファンです!ヨロシク!

ベヨネッタファンサイトコンテスト
ベヨネッタファンサイトコンテスト
注目コンテンツ
「侵略!?イカ娘」TVアニメ第2期決定!
ドラゴンボールゲームプロジェクトAGE2011
アニメ「アイドルマスター」
JAM Project
ぷちます!
BAYO LINK
iM@S Link
Special Link
Xbox360 Fan Site Program
このブログはMicrosoft公認のXbox360ファンサイトです
検索フォーム
旧ブログ
2010年6月12日以前の記事は旧ブログへ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。